ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

電子書籍に向いているのはどんな本?

ここのところは毎年のように電子書籍元年ですが、普及したかというといまいちですね。コンテンツの品揃えが不十分というのもあるのでしょうが、紙による読書との感覚の違いというのも大きい気がします。

やはり本というのはパラパラできないと、と感じる人は多いのではないでしょうか。特に専門書や参考書など必ずしも通しで読まない本は特にそうでしょう。ビジネス書などもかいつまんで読むという場合には紙のほうが優れています。マーキングなんかも紙の方がやりやすいです。

一方で小説というのは電子書籍と割合相性がよいのではと思います。基本的に頭から通しで読むものですし、途中を飛ばしたりマーキングしながら読むこともないでしょう。同様にマンガも同じことが言えます。

電子書籍の発展は小説やマンガが牽引するかもしれませんね。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2013年8月
« 3月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。