ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

収集する能力よりも廃棄する能力が重要になる?

2014.11.01

インターネット前夜においては博識であればそれだけで価値がありました。他人が知らないことを知っているというのがアドバンテージになったからです。「歩く辞書」は貴重な存在だったわけですが、ネットとスマホにより「歩いている人みんなに辞書」状態になってしまいました。

インターネットの普及で、ググれば情報は手に入るという時代に変わりました。たいていのことはWikipedia先生が教えてくれますし、あとはGoogle先生が広大なネット空間上から適切な情報を持ってきてくれます。というわけで、誰でも博識になれる時代となり、博識だけではアドバンテージにならなくなってしまったのです。

そんなわけで、ここ十年くらいは「調べれば分かる」という状態が続いていたのですが、ここに来て少し変化があるような気もします。「調べてもないのに情報が押し寄せてくる」状態になりつつあるのではないかと。

SNSアカウントを開けば、そこには日々大量の情報がなだれ込んできます。その中には質の低い情報や自分にはあまり価値のない情報もありますし、果てはデマの類いまで流れる始末です。ここ最近はいわゆるバイラルメディアが拡散させる「衝撃的だけど、特に価値のない情報」なんていうのもあったりして、混沌としている感があります。

そうなると、もはや集める能力すら必要なくて、いかにして取捨選択するかという問題になります。収集よりも廃棄の方が優先度が高くなるのです。

などというと捨てる能力というのが重要になったのはごく最近のようにも見えますが、

もはや成果を上げられなくなったものや、貢献できなくなったものに投入している資源を引き揚げること

が重要であることは、もうだいぶ前にドラッカーの著作には書かれているのです。

ITの時代だからといって、特に何かが変わるということはないようです。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。