ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

無料のクラウドサービスにみるITエンジニアの憂鬱。

最近はフリーミアムなクラウドサービスが充実していて、普通に使う分には無料会員でも十分なものも多々あります。それは非常に便利でよいことであり、筆者もその恩恵に預かっているのですが、ITエンジニアとしては悩ましい気持ちもあるのです。

KADOKAWA・DWANGO の川上会長は、以前からネット上でコンテンツに対してお金を払わない文化に警鐘を鳴らしています。もちろん、氏がコンテンツ系企業の経営者だからというのは多分にあるでしょうが、ネット上になった瞬間にタダになるものが多いのも事実です。

メールにしても、少し前までは有料のプロバイダが提供するメールサービスが主流で、フリーメールはオフィシャルな場で使うのは憚られる空気がありました。しかし、いまやGmailが仕事で使われることもあり、必ずしもお金をかけて使うものでもなくなりました。

LINEをはじめとするメッセージサービスはもちろん無料ですし、ソーシャルゲームの類いも無料で遊ぼうと思えば遊べるわけです。ネット上ならタダという空気がどこかで醸成されているような気がします。

しかしながら、ネット上のサービスを運営する裏側には当然エンジニアが存在しているわけで、どこかでそのコストは賄われることになります。無料のサービスを沢山展開しているGoogleのエンジニアは給料が安いかというと、むしろその逆で、能力も給料も高いエンジニアが集まっているのです。

「どこからお金を頂戴するかというビジネスモデルの問題だ」といえばそうなのかもしれませんが、受益者がほとんど(あるいは全く)コストを負担しないモデルが安定的なのかは不明です。知識労働者の成果をタダで利用できることが、 知識労働に対する正当なチャージを阻害する空気を情勢しやしないかと、気にもなります。

とはいえ、オープンソースソフトウェア(OSS)まで踏み込むと解釈がむずかしくなり、一筋縄ではいかない問題ではあるのですが、、、。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。