ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

成果を出すには瞬発力だけではだめで。

2014.10.09

どのようなものを成果と考えるかは人それぞれでしょうが、成果をあげるためには日々のパフォーマンスをなるべく大きくしていく必要があります。そこで、成果をあげるために必要なパフォーマンスコントロールについて考えてみます。

SEらしく(?)少し数学チックに考えてみます。ある時刻tにおけるパフォーマンスの値がf(t)と表現されるならば、1日の成果はf(t)を24時間で積分した値となるでしょう。1年なら積分区間が1月1日から12月31日になるというわけです。ざっくりと言えば、積分とはある関数で表現される面積のことですから、f(t)によって描かれるグラフの面積をいかに大きくするかが、成果を大きくすることとイコールです。

何が言いたいかというと、瞬間的にf(t)の値が大きくとも、それを積分した結果がたいしたことがないのであれば、意味がないということです。やる気を出そうとか、根性を出そうというのはf(t)の値を一時的に向上させることは出来るでしょうが、いずれ低下することは目に見えています。人間のモチベーションコントロールは難しいのです。三日坊主がこれだけ量産されていることがその証左です。

f(t)の値を安定的にコントロールすることが成果を出すための鍵となるわけですが、ここでも重要なのは習慣ということになります。習慣とはある行動を定期的に繰り返すということです。であれば、f(t)という関数のグラフはある程度の周期性をもつはずです。もちろん、習慣により行動が発現しているときはf(t)の値が大きくなっているグラフです。

習慣により、安定的にf(t)の値がコントロールされるようになっていれば、それを長期にわたって積分すれば相応の大きさになることは明らかです。

つまるところ、成果をあげるには

  • 「どれだけの積分区間(期間)をとるか」
  • 「f(t)をどう安定的にコントロールするか」

ということが重要です。

一時的にf(t)を上げるために徹夜や夜更かしをして、翌日のf(t)がずっと低水位になっては元も子もないのです。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。