ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【IT論考β】 プリンターを買うならレーザープリンター?

2015.08.02

■ 家電量販店のプリンタコーナーに行くと

  様々なプリンタが並んでいます。

 

  目につく位置に並んでいるのは、

  インクジェットの複合機プリンタであり

 

  その次にインクジェットプリンタと続き、

 

  レーザープリンタは売り場の隅にあることが

  多いような気がします。

 

 

  インクジェットの複合機はお値段も安く

  プリンタ・スキャナ・コピーの一台三役

  であることから、

 

  とてもお買い得に見えるのですが、

  果たして本当にそうなのかは考えてみるべきでしょう。

 

 

 

■ スキャナを使う機会がどれほどあるか?

  カラーでの印刷をする必要性がどれほどあるか?

 

  逆に

 

  モノクロでの印刷量はどれほどであるか?

 

 

  もし、スキャナを使う頻度が非常に低いのであれば

  コンビニのコピー機を利用したスキャナで十分かも

  しれません。

 

  逆に大量のスキャンを行うならドキュメントスキャナ

  が欲しいところです。

 

 

  また、カラーよりもモノクロの印刷量が顕著に

  多いのであれば、

 

  カラープリンタはランニングコストをムダに

  上昇させるかもしれません。

 

   (白黒印刷だけしていても、

    ヘッドクリーニングによりカラーインクも減ります)

 

 

  インクジェト複合機は1万円代前半で買えますが、

  実はA4両面印刷可能なモノクロレーザープリンタも

  同等の価格帯で販売されています。

 

  機能面だけを比較すれば割高ですが、

  モノクロであるがゆえにトナーも単色で済むことから

  ランニングコストは安く済みます。

   (メーカ公称値でA4で4円/枚程度)

 

  レーザープリンタならではの印刷速度と

  鮮明な印字も魅力となることでしょう。

 

 

■ 使い方によって最適な選択肢は変わりますが、

  少なくないビジネスパーソンにとって

 

  モノクロレーザープリンタというのは

  プリンタ購入をする際には有力な選択肢と

  なると筆者は考えています。

 

   (もちろん、持たないという選択肢も

    ありです。)

 

 

 

 今日の【まとめ】

 ■ インクジェト複合機は魅力的だが本当に必要かは

   一考の余地あり

 ■ イニシャルことストは安いがランニングコストは安くない

 ■ モノクロ印刷が多いならモノクロレーザープリンタも

   十分に選択肢となり得る


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。