ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

知識を熟成させる。

2014.12.07

試験直前の一夜漬けというのは試験が終わるとあっさり忘れ去ります。それでも、一夜でも漬けてあれば良い方で、徹夜明けで試験を受けるという猛者もいます。これなど試験が終わった瞬間には忘れてしまうことでしょう。

知識を本当に血肉として活用したいならば、一定期間は寝かす必要があるでしょう。特に、大量の情報を投入したあとはゆっくり寝るべきです。そこで知識を記憶として脳に定着させることが必要です。これは脳科学的もどうやら正しいようです。

ただし、この時点では知識は単なる「情報」としての知識に過ぎません。本当の意味で「血肉」となるには一定期間の熟成が必要なのではないでしょうか。その期間は明確ではありませんが、少なくとも一夜ではありません。

明確なイベントによってそれが結晶となる(=ひらめく)こともあるでしょうし、いつのまにか血肉となり体内に吸収されていることもあるでしょう。いずれにせよ、「あぁ、あれはこういうことだったのか」と実感するときがくれば、本当の意味で自分の知識になったといえるでしょう。

物事の本質はそんな簡単にはわからないということの一例かもしれません。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。