ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

いまの時代に情報をあたまに入れるのはアイデアが欲しいから。

2014.10.23

知識労働者たるもの多かれ少なかれアイデア(アイディア)を出す力が必要です。知識労働者のアウトプットはアイデア的要素を含むものがほとんどだからです。しかし、このアイデアというのは難しいもので、欲しいときに手に入るとは限りません。

そんなアイデアについて記された名著に「アイデアのつくり方」があります。著書によると、アイデアを作る過程は、

  1. 資料集め
  2. 咀嚼
  3. 孵化
  4. アイデアの誕生
  5. アイデアの具体化

であるとのことです。

また、「アイデアとは既存の要素の組み合わせ以外の何ものでもない」とものべられています。ゆえに、最初の段階である資料集めにおいて、多くの情報をインプットするほどに組み合わせの数は膨らみ、アイデアの出る可能性は高くなると言うわけです。

逆に考えると、良質なアウトプットを行うには相当量のインプットがなければいけないと考えることも出来ます。クオリティの高いアウトプット=アイデアというのが、非常に希なもの同士の組み合わせから生まれるのだとしたら、幅広い知識を脳内に蓄えておく必要があります。

咀嚼〜孵化の段階は脳内で行われるので、情報は脳内になければいけません。いくら、いまどきGoogle先生やWikipedia先生が何でも知っているからといって、自らの脳に情報をいれることを怠るとアイデアは生まれてこないのです。

このように考えると、いまの時代においても日々、莫大な情報を脳内に流し込むということが知識労働者にとって意味あることだと納得出来ます。調べれば分かるからといって学ばずに済ませてしまうのは、プアなアイデアしか浮かばなくなる危険性をはらむと心得ておくべきでしょう。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。