ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

新しいことに手を出すのではなく、愚直に復習する。

2014.09.15

繰り返し復習しないと忘れてしまうことは科学的も明らかですし、体感的にも誰もがしっているところ。しかし、現実にはなかなか復習をする機会はなかったりします…。

受験勉強にしても、何冊もの参考書に手を出すよりは一冊を繰り返しやる方が良い、というのはだいたい皆が知っています。にも関わらず、たいていの人は複数冊の参考書に手を出してしまう現実があります。

おそらく人間というのは新しいもの好きであり、飽きやすいのでしょう。それゆえ、常に新しいものを求めてしまうのです。結果としてどれ一つとして身になることがなく、すべては忘却の彼方へと流れてゆき、そこに投じたリソースはサンクコストとなってしまうのです。唯一絶対な時間というリソースさえ。

実のところ、おそらく成果をあげる方法というのは非常に単純なのです。基本に忠実でさえあればよいのです。ここで言えば、新しいものに手を出さず、本質的なものを愚直に復習して血肉にするということです。

ここでもまた、

成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。(ドラッカー著『非営利組織の経営』)

という結論におちつくわけです。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。