ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

睡眠時間が短い割には労働生産性は高くない日本人。

適正な睡眠時間がどれくらいかという研究や、各国の国民の睡眠時間がどうなっているかという調査は多々ありますが、総合すると日本人は睡眠不足である可能性が浮かび上がります。

OECDの調査(2009年)によると、日本人の睡眠時間は韓国に次いで短い470分だったようです。国民生活時間調査(2010年)の報告では、平日は7時間14分であり、年々短くなっているもようです。有職者は7時間を切っているので、ビジネスパーソンの睡眠時間が特に短いようです。

日本人の睡眠時間の短さが忙しさによることなのか、他の要因なのかは不明ですが、その努力はあまり報われていないという調査結果もあります。OECDは労働生産性についても調査を行っているのですが、その順位は34カ国中21位なのです(2012年)。特に主要先進7カ国の中では最下位なのです。睡眠時間を短くしている割には成果(GDP)に結びついていないということです。

これが、冒頭で書いた日本人が睡眠不足なのでは?という根拠です。もちろんこれは単なる仮説であり、他の要因も十分考えられます。とはいえ、頭がクリアでないと生産性があがらない筆者としては、睡眠時間はしっかり確保しておきたいところですね。

LINEで送る
[`evernote` not found]

■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。