ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【IT論考β】 万事クラウドソーシングで解決とはいかぬでしょうね。[#364]

2016.03.02

■ しばらく前からクラウドソーシングなる
  仕組みが勃興しています。
  
  仕事をネットを介してフリーランスに
  発注するためのプラットフォームです。
  (ある種のマッチングサイトですね、)
  
  
  発注者側からするとフリーランスに
  直接発注できるので安価であり、
  
  受注側からするとネットで受注できる
  ので自由な働き方ができると。
  
  
  単価が安いという話があるみたい
  ですが、今回はそこを棚上げして
  直接発注・受注の負の側面に着目
  しておきます。
  
  
■ 商取引で間に仲介者が入れば
  当然そこにも利益が落ちるので
  
  全体としてコストが高くなるか
  末端労働者の収入が下がります。
  
  
  これが仲介者をなくせば
  その分コストがうくので
  
  お金を払う側ももらう側も
  うれしいように思われます。  
  
  (いわゆる「中抜き」ですね)
  
  
  しかし実際には仲介者は
  利益もとりますがリスクも
  とってくれます。
  
  
  発注側と受注側でなにかしら
  問題が発生すればそこを調整
  してくれるのが普通です。
  
  
  直接契約では仲介者はいないので
  当事者同士で解決するしかありません。
  
  この場合、利害は真っ向から
  ぶつかる形になり、
  交渉は難しくなりがちでしょう。

  
  そして、基本的に発注者側のほうが
  力は強いですから、
  
  受注者側は不利な条件で妥協
  せざるを得ない状況も考えられます。
  
  (報酬ゼロになるよりマシだと)
  
  
  
■ 本当に単純なタスクならばよいかも
  しれませんが、
  
  システム構築などはリアル世界でも
  トラブルに事欠かないので
  
  お互いにリスクが大きいのではと
  思ってしまいます。
  
  (ほぼ出来上がらないと目に見えない
   ので、「想像と違った」ということが
   起きやすいのです。)
   

  結局は、大きな仕事はリアルに
  戻ると思いますが…。 

 今日の【まとめ】
 ■ クラウドソーシングは中抜きができる
 ■ 仲介者がとってくれたリスクを被ることに
 ■ 単純なタスクなどにしか向かないかも


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。