ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【IT論考β】 音楽も「所有」する時代から「利用」する時代へ。[#122]

2015.06.10

■ 現在進行中の「クラウド化」が起こしている変化は

  端的に言えば、

 

   必要なモノを買って所有するのではなく、

   ネット上で提供されるサービスを適宜利用する

 

  ということです。

 

 

  例えば、クラウドストレージなら

  記憶装置を所有するのではなく、

  利用するという形へ変わっています。

 

 

  電子書籍の代表格であるKindleも

  書籍の所有権を得ているのではなく、

 

  Kindle版を適宜ダウンロードして読む

  権利を買うという形式です。

 

 

 

■ 十数年前までは音楽というのは

  CDを購入するかレンタルするのが

  当たり前でした。

 

  その後、ダウンロード販売というものが

  普及しましたが、

 

  どうやら時代は「ストリーミングサービス」へと

  さらに移り変わるようです。

 

 

  先ごろAppleは

  「Apple Music」なる

  定額のストリーミングサービスを発表しました。

 

 

  いうなれば、月額課金制で「聴き放題」となる

  サービスであり、音楽は随時クラウド側から提供

  されます。

 

 

  特定の曲を指定して買うという形態から

  月額課金で好きな音楽を聞くサービスへの加入

  するというのが音楽を楽しむ新たなスタンダード

  になるのかもしれません。

 

 

 今日の【まとめ】

 ■ クラウド時代は「所有」から「利用」への変化

 ■ 所有せずにサービスとして必要なときに必要なだけ利用

 ■ 音楽もストリーミングサービスの時代へ

 


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。