ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

目に見えないモノは苦手なお国柄?

2015.02.04

ITの世界はハードウェアとソフトウェアに大別されます。前者は目に見える物体ですが、後者は(実行時には)目に見えないプログラムです。

ソフトウェアの世界はほとんどが欧米のもので占められていますし、ハードウェアも現在はアジアで作られているものがほとんどですが、ひと頃はハードウェアの世界は日本も結構頑張っていたのです。

ITが普及する前の家電製品は日本企業が強さを持っていましたし、自動車などは日本がかなりの存在感を示しています。スマホも部品に関しては日本製のパーツが多いようです。どうやら目に見えるモノに関しては日本は結構な強みを持っているようです。

しかし、これが目に見えないモノとなると様相が変わってきます。ソフトウェアに関しては日本が覇権を握ったと思えるようなものはありません。スマホもタブレットも、もちろんPCも、中に入っているソフトウェアのほとんどがアメリカ発です。

その理由はよく分かりませんが、もしかすると日本人は目に見えないモノを作ることが苦手なのかもしれません。投資よりも貯蓄を好む国民性というのも、現金というより目に見えやすいモノに愛着を感じているからなのでしょうか。

なんとも不思議なところです。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

おすすめ記事

登録されている記事はございません。