ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

コンテンツを「消費」する時代?

最近のバイラルメディアを見ていると、コンテンツを「消費」するという表現がぴったりだと感じます。価値あるコンテンツは消費されて無くなるようなものではないと思っているのですが、これにかんしてはまさしくその通りといったところ。

何をもってコンテンツとするかという詳細は棚上げしますが、例えば「人を動かす」とか「7つの習慣」、あるいはドラッカーの著作の数々を「消費」出来る人がどれほどいるでしょうか。どれも読むたびに新たな気づきがあり、内容も風化しません。それゆえ、一度読んで終わりということにはならず、ずっと手元に置いておく人がおおいのです。(書き込みしていて売れないという事情もあるかもしれませんが…

ひるがえって、近頃はやりのバイラルメディアが提供するコンテンツはどうでしょうか? 確かに、見た瞬間は驚きや笑いがあったり、感動するものが多いです。意外な事実を知れることも多々あります。しかし、それは一度体験し知ってしまうと二度目に新たな発見はほとんどないでしょう。永久保存しておきたいとも思わないはずです。おそらく、そこまでの奥深さのようなものがないのでしょう。

人生を豊かにするコンテンツという視点で考えたとき、一時の娯楽としては刹那的に「消費」するコンテンツもよいですが、なるべくなら「消費」できない(しきれない)コンテンツに時間を投入したいものです。一朝一夕では「消費」しきれるぬ奥深いコンテンツから気づきを引き出しまくり、終いには「消費」しきったという境地に立てるのが理想な気がします。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。