ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

記憶は儚いものだから、思考を記録するためにblogを書く。

2014.06.28

人間は忘却する生き物です。その上に記憶を無意識のうちに改ざんしてしまう生き物でもあります。つまり、記憶というのはほとんど当てにならないのです。

 

心理学者のエリザベス・ロフタスによると、記憶とは組み立てるものだそうです。それは自分で組み立てることもあれば、他人に組み立てられてしまうこともあるのです。実際に「誤った記憶」が裁判で証言され、えん罪が発生してもいるわけです。

記憶がかくも儚いものだとしたら、過去に考えていたこと、つまり思考の記憶はもっとあやふやで儚いに違いありません。思考とは源泉かけ流しの温泉のように湧いては流れていくものです。それを残しておこうと思ったならば、記録しておくほかありません。

もちろん、思考をどれほど正確に言語化できるかという問題もあるので、正確に記録することはできないでしょう。それでも、言語化しておかなければ時の流れに紛れてしまうことは間違いありません。

言語化して記録しておく方法が日記なのか、メモ書きなのか、blogなのか、形態は様々あるでしょう。日々の思考は莫大な量にのぼりますし、ほとんどは残しておく価値もなければ、後々に役に立つこともないでしょう。「これは」と思ったものを残しておけばそれで事足りるはずです。

そんなわけで、一日1エントリ書くことで、1日にひとつ分の思考の記録を残す努力をしているわけです。記憶は儚く消えてしまうものだから…

LINEで送る
[`evernote` not found]

■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。