ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

ビッグデータは利益の源泉ではない。井戸水にはなるかもしれない。

2014.05.26

源泉というのは「源泉(げんせん)とは、地中から水が湧き出てくる場所」です。(出典:Wikipedia

近年、世を賑わしているビッグデータ利益の源泉だと言うならば、データがそこにあるだけで利益がわき出てくると言うことです。ITを知っていようと知っていまいと、「そんなことあるわけない!」と思うのではないでしょうか。ただそこに存在しているだけで利益がわき出るのだとしたら一体なんのために人々は働いているのでしょう。そんなものなら、一家に一台ならぬ、一家に一データ群欲しいくらいです笑。

ビッグデータの名の下に、ベンダー各社は大量のデータを取り扱うためのハードやソフトを製品として販売しています。そして、さも製品を導入すれば利益が上がるかのようにPRしています。

しかし、前回(ITとはEnablerであってProviderではない。)のエントリにも書いたようにITは手段でしかありません。意図を持った人間が使って初めて価値が創出されるのです。

データは価値の「源泉」ではないので勝手に利益はわき上がってきませんし、単に製品(ハード/ソフト)を導入したからといってそれがわき上がってくるわけでもありません。ただし、製品を導入することはデータという地下水脈から意味のあるデータをくみ上げる手段にはなり得ます。

とはいえ、くみ上げる作業をするのは人間ですし、くみ上げたデータをどう活かすのかを決めるのも人間です。データは井戸水のように地下に溜まっているだけの存在なのです。

何らかの意図・仮説を持ってビッグデータを検証し、次の一手を決めるという人間にしか出来ないことを実現するための手段として、ITは存在しているに過ぎないのです。

 

ちなみに、ビッグデータとしばらく前に流行ったDWH(データウェアハウス)で何が違うんだと日頃思っていますが、くみ上げられる水脈の層がさらに深くなったのだと考えれば多少は納得がいく気はしますね。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。