ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

極論をアナロジーで適用する 〜喪失からの再起〜

多少は前回をふまえつつ。

誰しも喪失体験というのはあるもの。仮にいままでそんな体験がなかったとしても、最後には必ず体験することになる、自らの命の喪失という形によって。

さて、そんな死に対する人間の反応として有名なものに、エリザベス・キューブラー・ロスによる死の受容のプロセスがあります。

「否認」→「怒り」→「取引」→「抑うつ」→「受容」のプロセスです。

詳細は Wikipedia 先生に譲るとして、おそらく死というのは人間の極限状態のひとつだと言って良いと思うのですが、そういう極限状態における考察というのは「平時における異常」にも結構役に立つのではないかと。つまり、喪失体験に関しては結構当てはまるのではないかと。

もちろん、死においてすら上記のプロセスを踏まない例外はあるようなので、すべての喪失体験に適用できるというつもりはありません。

それでも、例えば買ったばかりの高級品を紛失したと気づいたら、

「いやいや、たぶん家に置いてきたのだ」=「否認」

「やっぱりないな、買ったばっかりなのにっ!」=「怒り」

「保険かなんかでカバーできないもんだろうか」=「取引」

「あー、やっぱりなくしたんだ。。。。」=「抑うつ」

「しょうがない、あきらめよう」=「受容」

と似たようなことは結構ありそうな気はします。

 

このアナロジーが唯一違うのは、死は避けがたくかつ死の先は現世での未来はないのに対し、その他の喪失体験ではその先もあるということでしょう。それでも、あるいはだからこそ、このアナロジーは結構効くのではないかと思うのです。

 


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2013年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。