ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

最も貴重な自己リソースの「主権者」になれるか?

2015.01.05

世の中には「時間管理セミナー」とか「時間管理術」といった時間を管理にまつわる様々なコンテンツがあります。それだけ時間管理をうまくやりたいというニーズがあるということでしょう。手帳術が定期的に流行るのも同じような理由なのでしょう。しかし、一方で時間管理がうまくいっている人をほとんど見ない気がします。

そもそも多くの人は「何のために」時間管理をしたいのかハッキリしていないのではないでしょうか。一義的には「時間が足りない」という状況を解消したいからなのでしょうが、先日のエントリでもふれたように、それではパーキンソンの法則が発動して結局時間がたりなくなる公算大です。

早起きをして時間をつくるとか、会議を短くするとか、すき間時間を使うという具体個別のハウツーをいくら学んだところで、その上位概念となる「何のために時間を作りたいのか」そして「作った時間で何をしたいのか」が定まっていなければ意味がないのかもしれません。

おそらく、その中間にくるべき概念として「時間のコントロール権を自分にひきよせる」があるのではないでしょうか。自分の思ったように時間を使うことができないから時間管理を行うのであって、時間が足りない気がするから時間管理を行うのではないのです。時間に対する「主権」を持たぬままいくら時間を作ったところで、そこには自分望まぬ予定が入ってきます。

おそらくは、「何のために時間を作りたいのか」かつ、それゆえ「自分の時間の主権を取り戻す必要がある」という部分が認識されることは少ないのでしょう。それが結果として色々なテクニックが氾濫しつつも時間に余裕がある(ように見える)人がほとんど登場しない一つの理由かもしれません。

最も貴重な自分のリソースにもかかわらず「主権」がないというのは恐ろしいですね、、。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。