ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【IT論考β】 格安SIM目的ならとりあえずドコモの端末持っておけばOK[#265]

2015.11.02

■ 前回SIMフリー端末(SIMロック解除)について
  筆者の見解を述べましたが、
  
  SIMフリー端末のニーズとしては
  
   ・大手キャリア以外を国内で利用したい
     ⇒MVNO(格安SIM)を使いたい
   ・海外で現地の通信キャリアSIMを使いたい
   
  の二つになるかと思います。
  
  
  逆に上記のようなニーズがなければ
  SIMロックがかかった端末をこれまで通り
  大手キャリアと契約して使えば問題ないです。
  
  
■ さて、このうち海外で現地の通信キャリアSIM
  を利用したいという場合は、
  確かにSIMフリーの端末が必要になります。
  
  ただし、MVNO(格安SIM)を国内で使いたい
  という場合は必ずしもSIMフリー端末は
  必要ありません。
  
  
  MVNOのほとんどが、実際にはドコモの
  通信インフラを使っています。
  
  (ごく一部にau系を使っている業者は
   ありますが)
   
  ドコモの通信インフラを使っているMVNOが
  発行するSIMはドコモから発売された端末なら
  
  SIMロックの有無にかかわらず使うことが
  できます。
  
  
  MVNOの種類は増えていますが、
  どれをえらんでも結局はドコモの回線なので
  
  実質的には日本のMVNOはドコモの亜種
  といってもよいかもしれません。
  
  
  そのようなわけで、手元にあるのがドコモの
  端末であるならば
  
  SIMロックの有無を気にすることなく
  MVNO(格安SIM)に乗り換えることができます。
  
  
  現在の国内キャリアの料金プランでは
  ライトユーザほど割高感があるので、
  
  キャリアショップによるサポートが
  なくても平気ならばMVNOはかなり
  有望な選択肢となるでしょう。
  
  (ケースバイケースとはいえ、年間で
   数万円以上の節約効果が望めます。)
  
  将来的にMVNOを検討するのであれば
  ドコモの端末を持っておくのがよいでしょう。
  
  (=MNPするならドコモがおすすめという
    ことになりますね、)
 
  
■ では、auやSoftBankユーザの方は
  今後どういう戦略をとるべきか?
  
  それはまた次回にでも。
  
  
 今日の【まとめ】
 ■ SIMフリー端末の使い道は二通りある
 ■ MVNO利用が目的ならSIMフリーは必須ではない
 ■ 現状ではドコモ発売の端末を使っておくのが無難


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。