ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

思考とは、「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」。

やはり思考というのは流れゆく水の如しであり、はたまた覆水盆に返らずであると思う今日この頃です。

人は起きている間中、あるいは寝ているときでさえ何事かを考えているわけですが、一瞬にして時と共に流れていってしましいます。ときに湧き水のように思考が沸いてくることもあるわけですが、それとて形あるものとして残すという作業をしなければ、あっという間に忘却の彼方です。

まさに思考というのは揮発性のメモリ上に展開されているというわけです。記録しておきたくば「名前を付けて保存」をしないといけないわけですね。なんらかのレッテルをを貼っておくことは記憶・記録の両面で重要です。

もうひとつ、思考は源泉かけ流しであって、循環式ではありません。何が言いたいかというと、その時の思考とは一度限りのものであって、しばらくしたからといってまた湧き出てくるわけではないということです。その時々の外部環境・内部環境が組み合わさって出てきた思考なので、あとから遡ってみても臨場感のある状態に復元は出来ないですし、復元してもそこに臨場感を感じられないのです。

そういう意味では自分で書いたソースコード(プログラム)に似ているやもしれません。ソースコードにはコメントを付すことが推奨されるわけですが、それは未来の自分という他人のためであったりもするわけです。思考の記録にもちゃんとコメントが必要かもしれません。

実のところ、己が過去に残した思考の断片を見るにつけ、思考というのがいかに儚いものか、そう思い知らされたのです…。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。