ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

伝えるには目に見えるようにするしかなくて。

「大事なのは外見よりも中身だ」などと言ってみたところで、外見の呪縛からは逃れられはしないというお話。別に人間の見た目に限ったお話ではなく。

外見よりも中身、というのはよく聞く話ですが、実際のところは願望にちかい言葉な気がしています。「本当の姿」だったり「本質」だったり「本当に言いたいこと」が他者に簡単に伝われればいいのですが、人間にはテレパシーはありません。したがっって基本的に目に見えるモノでしか判断できないのです。

場合のよっては、空気感や雰囲気という要素があり得るのかも知れませんが、誤解も生じやすくむしろリスキーな存在とも思えます。オーラが出ている人間というのも一部には存在しているでしょうが、それですべてが語れるとは思えませんし。

結局のところ、脳内にどのようなすばらしい考えをもっていても、それが目に見える形で露見しないことには伝わらないわけです。この場合、それは言語によるしかないので、言語化能力というのがどうしても必要ですね。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2013年8月
« 3月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。