ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

アウトプットがないときはインプットを。

2012.08.13

このblogは筆者にとってはアウトプットの一環なのですが、アウトプットを行うにはインプットがないとダメです。きょうはそんなアウトプットとインプットのお話。

 

意味のあるアウトプットというのは、インプットよりも遙かに難しいし、労力がいるというのが筆者の体感です。そして、こうやってアウトプットとして出てくるのはインプットしたものの1割にも満たない気がしています。

インプットすること自体に意味や喜びを見出すのでなければ、インプットはアウトプットのための下準備に過ぎないわけです。ときおり、それを忘れてインプットすることだけで満足してしまうというのは筆者に限らないようで、巷の書籍を読むといかようにしてアウトプットにつなげるか、という記述を目にします。

とはいいつつも、いつでも良質なアウトプットが出てくるとは限らないわけで、そういうときには意図的にインプットの比率を多くするのもありだとは思います。ただし、意図的に行うことが重要だとおもいますが。

 

筆者は研究室時代あまり優秀な学生ではなかったので、研究成果としてのアウトプットはお世辞にも質のいいものが出ていたとは言えません。しかし、自分の専門以外の知識もインプットし続けていたように記憶しています。そしてそれがジワジワといまになって効いてきてる気がするのです。

インプットした知識をペーパーテストでほとんどそのままアウトプットするというのであれば、インプットからアウトプットまでの時間は短くても問題ありません。しかし、インプットした知識が自らの血となり肉となりアウトプットに組み込まれるには相応の時間がかかるのではと感じます。地表に降り注いだ雨が長い時間をかけて濾過されてわき水としてわき出るがごとく。あるいは、ワインやウイスキーに熟成期間が必要なように。

このように考えると、いまインプットしたものはおそらく数年先に本当の意味で効いてくるのでしょう。インプットはある種の投資です。それが将来利益として返ってくるかはわからないですが、仕込まぬことには含み益がでることはないのです。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。