ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

PCの再構築を楽にするために、データと環境を分ける。

職場のPCが頻繁に再起動するようになり、交換・再構築に難儀している筆者です。

せっかくなので、PCの環境をどうしておくのがよいのかを考えてみようかと思います。

 

基本路線としては「データと環境を分ける」ということではないかと。

データというのは、いわゆるファイルです。WordだったりExcelだったりテキストだったり。たいていはフォルダにまとめられているでしょう。Windowsならマイドキュメントの中身といってもいいでしょう(マイミュージックなども同様)。メールをローカルに受信している場合も、メールが保存されているフォルダはメーラごとに決まっているのでそこにデータファイルがあります。この辺はソフトによって少し違いますが。

環境というのはアプリケーションとOSを含めた各種設定です。どのようなアプリケーションをインストールしておくかと、OSのメニューの表示をどうするかとか、アプリケーションの細かな設定をどうするかといったことです。設定に関してはある程度バックアップできるソフトもありますが、OSの設定などはそれ自体が不具合の元凶のなっていたりするので仮にバックアップ可能であったとしてもすべてを日々バックアップしてそこからリカバリするのは考えものです。そうなると環境部分はあるていど再構築せざるを得ません。

そうなると、いかにデータ部分に必要なものを寄せていくかということになるでしょう。データはマイドキュメントなどのフォルダに入れておくよりは、別なHDDだったりNASの中に入っていればPCの交換やOSの再構築が入ってもデータには一切触らなくてすみます。Windowsはマイドキュメントの実体をどこにするかは設定で変更できるので、そういう機能を活用するのもいいでしょう。

ちなみに企業で活用するのは情報セキュリティの観点から難しいでしょうが、先日紹介したDropBoxやSugarSyncを使っておくと、再設定するだけでファイルはクラウドから勝手にダウンロードされてしばらくするともとの状態に復元されるので、個人ではそういう機能を活用するのもいいかもしれません。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。