ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

可視化せずに価格をつける。

2012.01.17

さて、昨日の続き。
IT業界でも目に見えないモノを目に見えないままで値段をつけている例をあげて考察すると予告しました。

その形態の最たる例は、「ライセンス」です。コンシューマ向けのソフトウェアもそうですが、ソフトは別にあの円盤に値段が付いているわけではありません。ソフトを利用する権利に値段がついているのです。それはソフトの使用許諾契約にも謳ってあります。
つまり、一見すると目に見えるモノを買っているような気がするが、実際には「利用権」という権利を買っているだけで、この権利は可視化されていません。

この形態の、最大のメリットは工業製品のように量産可能だという点です。
情報システムはほとんどが(カスタム)オーダーメードで人間がつくる労働集約型の製品なので、大量生産するために大量の人が必要でそれだけ人件費もかかります。したがって、安価に量産することは難しく、損益分岐点通過後の利益の増加は小さなものになります。
一方で、ライセンスというのは一度その契約形態を定めてしまえば、生産人員の制約を受けないため売れば売るほど儲かります。損益分岐点を通過してしまえば、いっきに収益が上がります。コンシューマ向けでは、Microsoftがその最たる例でしょう。ビジネス向けだとAdobeやOracleがライセンスで大きな収益を上げています。

このような比較をすると、「個別につくるシステムとパッケージのソフトを比較するのはナンセンス」という主張が出てくるやもしれません。そこで、次回はある程度個別につくりつつ可視化せずに価格をつけている新たな形態に注目します。

LINEで送る
[`evernote` not found]

■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。