ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

買うときは買い切り、売るときは継続課金。

2012.01.20

だらだらと続いてきた連載もそろそろ総括。売る側にとって継続課金がおいしいビジネスなら、消費者としてはなるべく買い切り型で行きましょうということになります。特に、携帯電話やインターネット、保険、車、家、あるいはローンなど定期的に支出が発生し、…

詳細を見る

継続課金・固定費について。

2012.01.19

クラウドの話で、継続課金という単語が出てきたので、今日は継続課金のすごさと怖さについて。このパワーを示す最も卑近な例は、携帯電話(特にスマートフォン)の料金ではないでしょうか。最近は、スマートフォンブームということでいわゆる「ガラケー」より…

詳細を見る

クラウドの価値。

2012.01.18

最近は猫も杓子も「クラウド」ということで、「これからのITはクラウドだ」みたいな風潮になっています。ここに関しては、システムを利用する側も作る側も同じ。今日は、クラウドに関してそれを供給する側にとってのメリットを考えてみます。クラウドの真価…

詳細を見る

可視化せずに価格をつける。

2012.01.17

さて、昨日の続き。IT業界でも目に見えないモノを目に見えないままで値段をつけている例をあげて考察すると予告しました。その形態の最たる例は、「ライセンス」です。コンシューマ向けのソフトウェアもそうですが、ソフトは別にあの円盤に値段が付いている…

詳細を見る

可視化して価格をつける。

2012.01.16

昨日からの続き。 情報システムは目に見えないと思われがちですが、ことシステムの値付けに関していえば目に見えるモノを使っています。それはソースコード。あるシステムを作るのに何行のプログラミングが必要で、それに何人月必要だから、か…

詳細を見る

商品の価値。

2012.01.15

最近よく感じることの一つに、「これからの時代に収益があがるとしたら目に見えないもの」という考えがあります。 TVの価格が暴落して、ほぼすべてのメーカーが赤字に苛まれている一方で、Appleの収益は好調です。一見どちらも電子機器…

詳細を見る

Amazonプライム契約。

2012.01.15

先日、ついにAmazonのプライム会員の契約をしました。 ずいぶん前から悩んでいたものの、年会費¥3900の元が取れるほどにお急ぎ便を使うのかという疑念を払拭できず、だらだらと個別にお急ぎ便を使っていました。 今回思い切って契…

詳細を見る

適切な自己評価と自己肯定。

2012.01.14

さて、宣言から一夜明け。 自らを衆人環視の環境に置くべく、職場にて宣言を周知。そして、打ち合わせで課題点の洗い出し。 だいぶ大風呂敷を広げてしまった感が。週に1コペースぐらいで処理していかないと間に合わない。しかし、一見無理に見える目標でも…

詳細を見る

とりあえず宣言してみる。

2012.01.12

師の教え曰く、「決意は思い切って宣言するから固まる」とのこと。 宣言することによって、緩やかな衆人環視の環境を作ることで、根性のない・努力のできない・三日坊主な人間でも何かを成し遂げることができると。 と、いうわけで一つ宣言。…

詳細を見る

家計管理。

2012.01.11

記録されていないものは管理できない、と確かドラッカー氏の著書に書いてあったので、家計簿をつけるようにしています。といっても、主に支出を管理しているだけですが。 浪費をすることはやめたいですが、投資としての支出は多少高額でも維持…

詳細を見る

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2018年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめ記事

登録されている記事はございません。