ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

思考のアウトプットというのはわき水みたいなもので。

2012.10.15

湧水というのが、いつか降った雨(雪)だというのは誰しもが知るところですが、ではいつの雨かといわれても正確なところはわかりません。降った雨はいずれわき出るかもしれないし、そのまま川に流れてしまうかもしれません。

人間には朝起きてから夜寝るまで大量の情報が流れ込んできます。TVで見たものや活字として読んだものに限らず、いろいろなものを日々、見聞きしているわけです。そしてその大半は川へそのまま流れて海へ注ぐがごとく忘れていきます。実際に脳の中へ浸透して蓄積されるものはごくわずかです。

では、吸収したものがわき水のようにアウトプットとしてわき出るタイミングはいつか。それは予測できるものではありません。少なくとも、良質なアウトプットほどインプットから相応の時間をおいて出てくるものであろう気はします。インプットもないのに強引に地下水をくみ上げるかのようにひねり出すことは多少の間は出来るかもしれませんが、いずれ枯れてしまうことでしょう。逆に大量にインプットを与えればすぐさまわき出てくるかというと、そういうわけにもいかず、下手をすれば脳にしみこむことなく忘却ということもあり得ます。

インプットはし続けなければいずれ枯れてしまう、さりとていつアウトプットが出てくるかは自己の裁量の範囲外というなんとももどかしいものです。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年10月
« 9月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。