ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

知識労働者とノマドワーカー。

2012.05.19

世間ではノマドワーカーという単語が話題になっているらしく。
TVとかでも取り上げられているようで議論にもなっているようなのですが、どういう取り上げられ方をしているのかは、はてブレベルでしか知らないのでそれについては、特に語らないことにします。

筆者の知る限りのノマドは、ジャックアタリ氏の「21世紀の歴史」に書か

れているないようになります。

ノマドワーカーをどう定義するかは議論があるようですが、固定的なオフィスにとどまらない働き方というのはおおむね同意が得られるところでしょう。
これ、知識労働者には結構あってる働き方だと思うんですよね。
工場のラインで働く労働者や、工事現場で働く労働者がノマドになれません。成果が出せる場所が決まっているからです。しかし、知識労働者というのは必ずしも特定の場所にいなくても成果がだせるわけです。成果を出すためのToolたる知識がポータブルであり、それを補助するITもいまやポータブルなのですから。

よいアイディアが散歩中やシャワー中に思い浮かぶという人の話は結構耳にします。アルキメデスがお風呂で「アルキメデスの原理」を発見したというのはあまりに有名な話です。筆者の経験から言っても、PCの前にじっと座っているときよりもフラフラ歩き回っているときの方がblogのネタは思いつきます。思考を深めるには座っているよりも多少は体を動かしているほうがいいような気がします(科学的根拠はよくわらないので、あくまで経験則ですが)。だから、会社でも考え事をしているときは立ったり座ったりしているので、落ち着きのない社員と思われていることでしょう 笑。

そのように考えると、日々移動を繰り返すノマドワーカーは、アイディアを出すことや考えを深めることが求められる知識労働者との相性は非常によいのかもしれません。ただ、カフェからカフェへの移動中にアイディアが浮かんだ場合はどうするんだ?という問題を解決する必要はありますが。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。