ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【新人SE応援企画】(続)ソースコードは多い方がいいの?!

2012.04.03

新年度企画、昨日の続きです

ソースコードは少ない方がいい、というのが昨日のお話でした。

なお、これは「ソースコードを短くする努力をしましょう」という主張とは少し異なります。メモリは潤沢にありCPUパワーも年々増している一方なので、リソースの節約のために可読性を下げてまでソースコードを短くする必要はないでしょう。それでは結局保守がつらくなりますし。むしろ、「書かなくて済むならソースコードを書かなくて済む方法を模索しよう」という主張です。そして、ソースコードを書かないということは、場合によってはシステムを作らないという選択肢もあり得ます。

 

システムを開発するSEがそんなことを言っては元も子もないのですが、一方で運用SEもやっている身からすると保守対象が増える一方であるということは非常に頭の痛い問題です。

そして、そもそも顧客であるユーザ企業がITにお金をかける理由は本業で利益を上げるためです。システムそのものが欲しいわけではなく、システムによって得られるメリット(利益)が欲しいわけです。つまり、お金をかけて大規模なシステムを作らずともメリットが享受できるのであれば当然そのほうがよいのです。

 

好きこのんでシステムを肥大化させようと考えるSEはいないでしょう。一方で開発するシステムの規模と工数は密接にリンクし、それがそのまま売り上げにつながるのがSIerでもあります。したがって、どうしてもシステムを増やす方向にバイアスがかかってしまいます。もちろん、システムを刷新するプロジェクトであればシステムの総量は必ずしも増えないですが、既存システムありきでスタートすることも多いのが実情といえます。

 

すでにあるシステムを踏まえつつ、いかに価値ある新たなシステムを提供しつつ利益を上げていくか。そのような難しいことを求められるのが現代のSIerであり、SEなのだと思います。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。