ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

クラウドの価値。

2012.01.18

最近は猫も杓子も「クラウド」ということで、「これからのITはクラウドだ」みたいな風潮になっています。ここに関しては、システムを利用する側も作る側も同じ。今日は、クラウドに関してそれを供給する側にとってのメリットを考えてみます。

クラウドの真価、それはシステムを可視化せずに値付けし、しかもそれを継続課金制にしたことにあるのではないかと思います。クラウドの提供の形は、インフラだけだったり、特定のアプリケーションだったりいろいろありますが、共通的に言えるのが課金制。月額固定だったり、従量課金だったりはしますが、いずれにしてもその課金の金額算定根拠は顧客には不明です。また、提供量と人件費にも人月のような可換性はありません。
顧客に原価が見えにくく、人月(人件費)に縛られないということは、収益チャンスも大きいということ。

もちろんデメリットもあります。クラウドのようなサービス提供による課金型にするということは、設備やシステムは提供側が先行投資で用意するということ。つまり、典型的な設備産業になります。設備産業の特徴は「イニシャルコストが高いが損益分岐点を超えたときの収益の伸びが大きい」こと。これがそのまま当てはまってきます。また、多かれ少なかれ規模の経済が働きますから、サービスがコモディティ化するほどに淘汰が進み資本力の大きな企業しか残れなくなります。

つまり、クラウド化を推し進めている大多数のIT企業のうち、数十年後に生き残っているのはわずかという予想が成り立ちます。M&Aも積極的に行われるかもしれませんね。
それ以前に、日本の企業がどの程度残れるかという問題もありますが…。

LINEで送る
[`evernote` not found]

■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。