ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

可視化して価格をつける。

2012.01.16

昨日からの続き。

 

情報システムは目に見えないと思われがちですが、ことシステムの値付けに関していえば目に見えるモノを使っています。それはソースコード。あるシステムを作るのに何行のプログラミングが必要で、それに何人月必要だから、かけることのSE単価で値段が決まります。

ソースコードが納品されないケースでも、成果物という名のドキュメントが納品され、どうやらこれ(を作るのに必要な人月)に値段が付いているようです。

ところで、私はこの「成果物」という単語が嫌いです。この単語自体、業界に入ってはじめて知りました。「成果」という単語なら知っていましたが。今でも、この単語をはじめて講師から聞いたときの強烈な違和感を覚えています。考えるに、「成果」をモノという目に見える存在、つまり「成果物」にしない限り報酬は得られないという発想がこの単語の根底にあるように感じたからなのだと理解しています。この業界では、目に見えるモノにしか価値を見いだせないのかと考えてしまうのです。

ソフトウェア(情報システム)は目に見えないというのは世間の常識ですらあるのに、それを作ることを生業とする業界ではそれらを可視化して価格をつけようとする。なんとも逆説的ですね。

 

だいぶ脱線して長くなってしまいました。次回は、IT業界でも目に見えないモノを目に見えないままで値段をつけている例をあげて考察したいと思います。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。