ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

ポジティブな認識をもつ。

2012.01.31

「事実なんてなく、あるのはただ認識だけ。」

昔、読んだ勝間女史の本で引用されていた言葉だった気がします。(勝間女史の本は、なかなか含蓄のある言葉が多く引用されていますね。)

意味としては、事実なんて言うものは(存在はするものの)人間のとらえ方、つまり認識によってのみ成立するものである。つまり、人間世界においては事実なんていうものは誰にも認知できないから存在しないのと同義であるということ。そして、事実のとらえ方である認識は、人間によって千差万別であることから、単一の事実に対して認識は複数存在するということ。

なんらかの事象をポジティブにとらえる人間もいれば、ネガティブにとらえる人間もいる。また、同じ人間でもポジティブな側面を重視して認識することもあれば、ネガティブな側面に注目して認識してしまうこともある。

しかし、ネガティブな認識がプラスの渦を巻くようになることは滅多にないので、結果としてよくない方向にしかいかない。一方で、ポジティブにとらえればプラスの方向で渦をまくことが出来るので、どんどんよい方向に進むことが出来る。

 

最近、認識がネガティブになっているので、もっとポジティブな側面に目を向けて生きていこう。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。