ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【IT論考β】 ドヤリングは身体には悪いですよ![#183]

2015.08.10

■ 都会のスタバに行くとまず間違いなく
  ドヤリングしている人が一人はいるこの頃。
  
   ※ドヤリング:スターバックスでMacBook Air
         などをどや顔でいじる行為。
         
         
  まぁ、実のところ筆者もMBA 11インチをほぼ
  持ち歩いているのでドヤラーではあります笑
  
  
  最近はノートパソコンだけで生活している人も
  多いようで、企業でもノートパソコンだけを
  支給するところもあるようです。
  
  
  パソコンを使う時間が長いと肩が凝って
  仕方ないのですが、
  
  その話を鍼灸師さんにしたところ
  どうやらノートパソコンはダメポイント満載だと
  教えていただきました。
  
  
■ ノートパソコンはその構造上、ディスプレイと
  キービードの位置関係が固定されます。
  
  ゆえに、身体に負担のかかりにくい位置に
  ディスプレイとキーボードを配置することが
  できません。
  
  さらに、キーボードの位置は通常の机より
  すこし低い位置が適性なんだそうですが、
  これも当然実現が難しくなります。
  
  また、デスクトップパソコンのキーボードには
  傾斜がありますが、ノートパソコンにはそれが
  ないことも負担の一因なんだそうです。
  
  
  過去に
  【ノートパソコンにディスプレイと
    キーボードをつないで生産性向上。[#139]】
    http://tech-se.net/blog/2015/06/1646
    
  【生産性向上のためにはまずはキーボードから[#24]】  
    http://tech-se.net/blog/2015/03/1370
    
  などという主張したことがありますが、
  身体的負担の側面からも間違いではなさそうです。
  
  
  長文のタイピングは
  静電容量無接点キーな

  【HHK Pro】
   http://amzn.to/1GMeHe0

  にかぎるなぁ、と思う今日この頃。
  
  あるいは、
  
  【Realforce】
   http://amzn.to/1J4hcOg  
 
  ですかね。
  
   (さすがにHHKを持ち歩くレベルには
    至れてないですが、、)
    

■ 私見ですが、ノートパソコンは
  膝の上においてラップトップパソコンとして使うと
  負担が幾分緩和される気がします。
  
  腕が楽な位置に来ますし、ディスプレイとの距離も
  適度に離せるので。
  
  
 今日の【まとめ】
 ■ ドヤリングは身体的負担は大きい
 ■ 可能ならばディスプレイとキーボード分離を
 ■ 机上よりはラップトップのほうが負担は軽め?
  


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。