ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

【IT論考β】 Microsoft Officeも月額(年額)課金する時代。[#124]

2015.06.11

■ クラウドサービスの課金形態は

  月額(年額)が主流です。

 

  利用料として継続的な支払いが必要ですが、

  バージョンアップは常に無料で行えるという

  仕組みです。

 

 

■ 最近はこの仕組みを採用する

  クライアントアプリケーションも出てきました。

 

  最も代表的なアプリケーションである

  Microsoft Officeもそのひとつです。

 

 

  【Microsoft Office 365 Solo】

   http://amzn.to/1KYRmrp

 

  という製品で、

  年額だと月額1000円程度になります。

 

 

  1ライセンスでWindows・Macを問わず

  2台まで利用できるのが特徴です。

 

  WindowsとMacを両方使っている方には

  有力な選択肢となることでしょう。

 

 

  もちろん、いままのでパッケージ版も

  提供されています。

 

  単価としては高いですが、

  こちらは買い切りのため永続利用可能です。

 

 

  今のところは、どちらも一長一短な感じでは

  ありますが、

 

  中長期的には利用権(サブスクリプション)形式で

  課金されるアプリケーションは増えていくかも

  しれません。

 

 

■ ただ、このモデルが悩ましいのは

  変動費は減るものの固定費が増えることです、、。

 

 

 今日の【まとめ】

 ■ クラウドサービスは月額(年額)課金が主流

 ■ クライアントアプリケーションも継続課金が登場

 ■ 変動費だったものが固定費化してしまうのが悩み

 


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。