ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

「決める」ことを決める。

2015.01.12

何事かをなしたいなぁと感じながらも何もできずに終わっている人は多いのではないでしょうか。残念ながら願望だけで物事が成就するほど、この世は都合良くはできていないのです。

重大な決断の前には十分な検討の時間をもつ必要がある、というのは一理ありますが検討時間を延ばしたところで結果が良くなるという保証はありません。たとえ世界がパラレルワールドだったとしても、我々が認識している空間はひとつだけなので、別な選択肢をとったときの結末は知りようがありません。

つまり、悩もうが悩むまいがその決断が最善だったかどうかなんてわかりはしないのです。むしろ、選んだ方が最善だったと思えるようにすることに注力する方が生産的でしょう。悩む時間も後悔する時間も生産的ではありません。

「人は短期的にはやったことを後悔して、長期的にはやらなかったことを後悔する」という話を耳にしたことがあります。年老いた人は異口同音に「若い頃にもっといろいろなことに挑戦しておけばよかった」というらしいのです。

新しいことに挑戦すべきかどうか、悩むこともあるでしょう。あまりに向こう見ずなのは単なる無謀なので、多少は悩むべきなのかもしれません。しかし、どこかのタイミングで「決める」必要があります。行動するにせよ、しないにせよ、決断が必要です。

もしかすると、最初に決めるべきことは「決める」ことかもしれません。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2015年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。