ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

自己投資によってお金と時間の同時投下する。

2014.07.02

巷の本を読むと、投資の中でも自己投資が最もリターンが多きいなんてことが書いてあったりします。何をリターンと定義して、どのくらいのスパンで回収することを目標にするかにもよりますが、おそらく正しいのではないかと考えています。

自己投資も色々なパターンがあるので一概には言えませんが、基本的にはリソースとして時間は必ず投下することになろうかと思います。学ぶ・体験する・講演を聴くなどは当然それらを行う時間を必要とします。

加えて、多くの場合は、教材費だったり受講料といったお金も投下することになります。図書館で本を読むとか、学生が自主勉強するとかであれば無料で行うことも不可能ではありませんが、社会人が自己投資する場合はたいていお金も必要です。

お金だけを投下して時間を投下しないパターンがあるかを考えてみたのですが、ちょっと思い当たりません。サービスの購入にしても、そのサービスを受けるために時間を必要とするので、時間をかけずにお金だけ差し出せばよいという自己投資は存在しないように思います。

むしろ、お金だけ差し出すだけで自己投資となり、なにがしかのリターンが期待できるのであれば、ぜひ知りたいところです。それが望むべきリターンならば、貯金などせずにどんどんそこに投下すればよいはずなので…。

このように考えると、自己投資というのは時間とお金という二つの貴重リソースを同時に投下するものなので、合計すると結構なリソースを投下することになります。それが何倍のリターンになって返ってくるかはモノによって違うでしょうが、リターンの絶対量は投下したリソースに比例することになるはずなので、自己投資のリターンの絶対量は大きいのではないか、と思うのです。

そんなことを考えながら、時間とお金を投下してみようと思います。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。