ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

具体と抽象のエレベーター。

2012.08.19

読書の技法(佐藤優 著)」を読みました。感じたことその2です。(二日分まとめてアップ)

氏の知的なバックグランドの広さと深さとともに、一見して関連のない事項同士を結びつける能力に感嘆します。


これは筆者の予想ですが、氏は具体と抽象の間をかなり自由自在に行き来できるのではないかと思います。具体の世界から抽象の世界へ上り下りする高速エレベーターを脳内搭載しているのではないかと。さらに抽象概念同士の移動(比較)にも長けているのではないかと。氏が月間に数百冊の書籍を読むことができるのも、書籍に書いてある具体論をほとんど瞬時にして抽象化して過去に蓄積した知識と結びつけて処理しているいからなのではないかと推測されます。

読書において、「量は質に転化する」のかどうかは筆者には答えがだせていなかったのですが、氏のような十分な質が担保されたバックグラウンドがあれば「量は質に転化する」のかもしれないと感じます。


氏のような能力をもってなお「読むべきでない本を選別するために速読が必要」というのですから、世の中にはいかに本があふれているかというのがわかります。実際、およそ人間には読み切れないだけの本がすでに出版され、そして毎年増え続けているのですから、何を読んで何を読まないかという選択が非常に重要なのは間違いないでしょう。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。