ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

画期的な商品はマーケティングからは生まれない。

2012.06.28

先日のニュースにてマーケティングを一切しない会社が紹介されていたので、それについて考えてみます。

曰く、「画期的な商品は、マーケティングではわからない。」とのことでした。

 

商品開発と聞くと、素人としてはなんとなくマーケティングで消費者のニーズを調べて…と思ってしまいます。しかし、紹介されていた会社はその真逆です。斬新な要素のある商品にに対して消費者の声を聞くと、必ず非好意的な意見が一定数含まれるのでむしろ商品化を躊躇してしまうのだそうです。そういえば、いまでは高級チェアとして名高い「アーロン・チェア」も開発当初は酷評されていたとか。デザインに対する評判も散々なものだったそうですが、いまやメッシュを使ったチェアはかなり一般的になりましたね。

 

Appleのスティーブ・ジョブズはマーケティングをしなかったといわれています。消費者は何が欲しいかさえ本当にはわかっておらず、商品を手にして初めて何が欲しかったのかがわかるからだ、といっていたそうです。たしかに、マーケティングをしたところでQWERTYキーボードを取っ払った、大画面のスマートフォンが欲しいという人がどれだけいたでしょうか。スマートフォンの黎明期には、あのQWERTYキーボードこそが、スマートフォンを選ぶ理由だったぐらいだったのですから。たしかに、革新的な製品は消費者の声からは生まれないのかもしれません。

 

マーケティングという人の希望を聞くだけではなく、まったくあらたな生活スタイルだったり機器の使い方を提案する。そういったことが出来るかどうかが、これからの時代を生き残るのに必要なのかもしれません。SONYのウォークマンもあれは単なる音楽再生機の小型化ではなく新たな生活スタイルの提案だったはずです。

IT業界にしても、GoogleはGmailによって「メールを削除しない」という新しい生活スタイルを提案しています。GBオーダーのメールボックスを用意するというのは単にユーザの「メールボックスを大きくして欲しい」というニーズを超えた提案でしょう。ここにおいても、お客様のニーズを聞いて要件に落とし込むという日本の業態に未来があるのかは考えざるを得ませんね。


■ ITの力で個人の生産性を向上させる情報を 日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

関連記事

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめ記事

登録されている記事はございません。