ITエンジニアが論理的に/ロジックでいろいろ考えてみるblog 進化途中なのでいわゆるβ版。

論理的な文章を書く!メルマガ講座(全5回)

■ 筆者の運営しているBlog【SE論考β】について

ときどき

「どうやってBlogを書いているんですか?」

とご質問いただいたり

「コンパクトにまとまっていて読みやすいです」

とお褒めの言葉をいただいたりします。

(「難しい」・「堅い」と言われることもありますが、、、汗)

■ 筆者としては、 特別難しいテクニックを使っているわけではないのですが、

ただ一つ、

「論理」

という点に関しては最重要視しています。

■ 自らの主張を他者に伝えようとするときに、

なぜそのような結論に至るのか

を説明せずに納得してもらおうというのは 楽観的に過ぎます。

相手には相手なりの価値観・モノの見方があり、

同じ事象を目にしたとしてもそれに対する意味づけは 異なります。

同じ文化をもつ人々ですら異なることがあるのですから、

異なる文化圏の人に伝えようとしたらなおさらです。

■ 共感という感情をベースにした伝え方もありますが、

もし相手が、こちらの想定する感情を想起してくれなかった 場合には失敗に終わります。

■ 思い起こしてみると、

筆者はこの論理の基礎を 高校時代の現代文で学びました。

理系の人には「現代文は苦手」という人も 多いのですが、筆者は本業(?)の数学よりも 現代文の方が得意でした。。汗

しかし、筆者に言わせれば 数学と現代文というのは極めて近いのです。

どちらも他者に伝えたいこと、

数学:命題の真偽

現代文(論説文・評論文):筆者の主張

数学:数字と記号

現代文:日本語

によって「論理」で説明するのです。

このあたりは、

【 コンテンツに興味をもつのか?構造に興味をもつのか? 】

でも述べているとおりです。

■ 筆者は大学に入った後、

「数理論理学」

というコンピュータを司る論理を 学ぶことになります。

ここで「論理」の何たるかを 修得したことで、

論理的思考能力が強化されたことは いうまでもありません。

■ 論理というのは、

非常に簡単な少数の規則によって 成り立っています。

したがって、 それらを覚えればあとはその応用です。

■ また、 論理的に文章を読み取る能力があれば、

書くときにその思考で文章を書けば 必然的に論理的な文章になります。

読むことと書くことは表裏一体なのです。

■ ということで、今回は 筆者が日々磨き続けてきた「論理」のエッセンスを お渡しすべく、

【 特別メルマガ講座 (全5回) 】

を企画いたしました。

  • 論理とは何か?
  • 覚えておくべき少数の法則とは?
  • 重要となる接続詞
  • 論説文に見る典型的論理
  • 実際の文章への展開

などを、 例題や練習問題も交えながら

【 特別メルマガ講座(全5回) 】

でお送りしたいと思います。

実際に筆者のBlogを使った解説なども行う予定です。

メルマガ講座(全5回)ご登録はコチラ!

氏名とE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

*氏名:

*Emailアドレス:

『ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。 魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。』(中国の故事)

feedly・RSSで最新情報を購読

follow us in feedly

メルマガ登録はコチラ!

■ITの力で個人の生産性を向上させる情報を
日刊でお送りするメルマガ登録はコチラ!

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

2017年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。